Powered by Six Apart

優秀なブログ

« 日商1級での本支店会計の出題方法 | メイン | 有価証券と土地の交換 »

2011年2月 5日 (土)

売価還元法で評価損を認識する場合の計算

売価還元法で評価損も考慮する場合は、棚卸減耗損は原価率を原価法の率で計算し、評価損の部分を0.8と0.78の差の部分で計算する。例えば、原価法による原価率が0.8であり、低価法での原価率が0.78である場合、T字勘定で決定された帳簿残高の売価に、0.8をかけたものが原価ベースでの帳簿残高となる。0.8をベースとして、棚卸減耗損を計上した後、0.78と0.8の差の部分で評価損として認識する方法である。

会計の勉強をしてます
【!-!】口座開設【!-!】FX【!-!】ダイエット【!-!】禁煙【!-!】メタボ
【!-!】スマートフォン【!-!】代行【!-!】コーヒー【!-!】ダイエット【!-!】過払い
【!-!】空気清浄機【!-!】クーポン【!-!】洗顔【!-!】財布【!-!】クーポン券【!-!】ムートンブーツ
【!-!】香水【!-!】花粉症【!-!】FX初心者【!-!】過払い【!-!】ダイエット【!-!】エステ
【!-!】メンズエステ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/522474/25941233

売価還元法で評価損を認識する場合の計算を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿