Powered by Six Apart

優秀なブログ

« 2011年1月 | メイン | 2011年4月 »

2011年2月

2011年2月13日 (日)

有価証券と土地の交換

固定資産の交換で、当社が売買目的で保有していた有価証券(簿価@500円、時価@600円、保有株式数50株)と相手の土地(相手の帳簿22,000円、時価30,000円)であるときの仕訳は、

(借)土地   30,000円 (貸)有価証券   25,000円
            有価証券売却益5,000円とする。土地の取得価額は時価であり、代価となる有価証券も時価であるが、売買目的なので簿価との差額の売却益とすることを忘れずに!!

言葉がいい
FX花粉症FX初心者過払いiPhone
バレンタインデイ防音ダウンジャケット携帯ストラップメンズエステ
クーポン券婚活黒糖そら豆みつ姫サウナスーツかつら

2011年2月 5日 (土)

売価還元法で評価損を認識する場合の計算

売価還元法で評価損も考慮する場合は、棚卸減耗損は原価率を原価法の率で計算し、評価損の部分を0.8と0.78の差の部分で計算する。例えば、原価法による原価率が0.8であり、低価法での原価率が0.78である場合、T字勘定で決定された帳簿残高の売価に、0.8をかけたものが原価ベースでの帳簿残高となる。0.8をベースとして、棚卸減耗損を計上した後、0.78と0.8の差の部分で評価損として認識する方法である。

会計の勉強をしてます
【!-!】口座開設【!-!】FX【!-!】ダイエット【!-!】禁煙【!-!】メタボ
【!-!】スマートフォン【!-!】代行【!-!】コーヒー【!-!】ダイエット【!-!】過払い
【!-!】空気清浄機【!-!】クーポン【!-!】洗顔【!-!】財布【!-!】クーポン券【!-!】ムートンブーツ
【!-!】香水【!-!】花粉症【!-!】FX初心者【!-!】過払い【!-!】ダイエット【!-!】エステ
【!-!】メンズエステ